風の時代の到来!目に見えないものに置かれる「本質的な価値」とは?

青い空と雲

こんにちは。

essence編集部です。

 

みなさんは「風の時代」を

ご存知でしょうか?

 

この「風の時代」は西洋占星術における

大きな一つの時代の変わり目を意味するもので、

2020年の12月22日から

本格的に始まったと言われています。

 

昨年から今年にかけて、

「風の時代」というキーワードを

書籍やSNSやYouTubeなど

あらゆるところで目にするように

なりました。

 

「風の時代」の幕開けによって

私たちはどのような変化の中に置かれているのでしょうか?

 

今回は、その変化の中身を見つめることで見えてくる

「私たちは今、どう生きるべきか?」

ということについて、お届けしたいと思います。

過去に社会システムの大変化が起きたのはいつ?

shutterstock_1299146893
一時期、メディアなどで

盛んに取り上げられていた頃に比べると

やや落ち着いた感はありますが、

「風の時代」というキーワードへの

注目度は、未だ健在。

 

昨年、この言葉が

あらゆるところで飛び交っていた

情報のフェーズから、人々の暮らしや生き方

といった、現実的なところへと

確実に浸透してきた感覚があります。

 

歴史を振り返ると、

いわゆる“パラダイムシフト”と言われるほどの

大変化が起こったのは

今からおよそ220年前のこと。

 

時代は18世紀末で、

ちょうど産業革命が起こった頃です。


産業革命といえば、

イギリスで起こった機械工業革命で、

生産活動の中心が農業から工業にシフトし

資本主義経済の基盤ができた出来事

としても知られていますが、

 

このように、

 

「社会システムそのものが激変した」

 

ということが、

今からおよそ220年前に起こった

ということになるのですね。

そして今、私たちの社会システムは、

このときに匹敵するほどの大変化を

静かに迎えています。

 

実際に、昨年から今年にかけては

新型コロナウイルスという未曾有の災禍が

世界中を襲い、

人々にさまざまな困難をもたらした

試練の時期でもありました。

 

これにより、ライフスタイルや価値観が

一変してしまった、

 

という方もいらっしゃると思います。

 

まさに、Before、After

といった感じです。

人々が求める本質的な生き方とは?

shutterstock_270477641 (1)

オンライン化が一気に進み、

東京一極集中から地方へ移り住む人も増え、

人々は本当に自分らしい、

より本質的な生き方や暮らし方を

探り始めるようになりました。



自分のことに置き換えてみても

この一年を振り返って、

「本当に大きな変化があったなぁ」と

しみじみと感じていますし、

 

産業革命の歴史を振り返るとき、

何かこう、目に見えない

宇宙レベルの変化というのは

200年くらいの大きなスパンで周期的に、

しかも必然として起こるんだろうな、

ということを、強く実感しています。

 

そのような中で社会は

急速に、刻一刻と変化を遂げているわけですが、

 

今はまさに

古い既存の価値観からより良いものへと

新しく変わっている時期なのでしょう。

 

変化の時には避けられない試練も

当然あるものの、

今だからこそ

感じられる、気づくことのできる

新しい発見や喜びに、

大きな恩恵のようなものも、同時に感じる昨今です。

 

その一つに、わかりやすく、

 

「目に見えないもの」に対して

より価値を感じられるようになった、

 

ということがあります。

 

一言でいうと、

人やモノ、空間が放つ、

エネルギーのようなもの

といったらいいでしょうか。

 

また、そういった感覚の変化によって、

目に見える物理的なモノに対する

興味が以前よりも薄れて、

 

たとえば、

 

・日々自分の行動を通して得ることのできる経験や体験

・人とのつながりや信頼関係

・信頼できるコミュニティを見つけ、困った時は皆で協力し助け合うこと

 

といったものが、

よりいっそう大切なことに

感じられるようになりました。

 

そして、そのような貴重な体験を通して得られる

リアルな感覚というのは本当に

「なにものにも代えがたい価値がある」

 

ということを実感しています。

3000年に一度の大変化・銀河系文明がやってきた

shutterstock_1925599130

私たちdatum groupでは、

こうした「体験」や「つながり」の極地を

<宇宙との一体感を感じること>に見ています。

 

まさにこの時期に

およそ3000年ぶりの大変化の時がきていて、

 

2020年を境に

これまでの西洋社会を中心として長く続いてきた

覇道文明(太陽系文明)から

 

銀河系文明へと転換すると

セミナーや書籍を通してお伝えしてきました。

そして新しい銀河系文明においては、

占いや予言などは必要なく、

 

言ったこと、

放った言葉が瞬時に現実になる世界が、

やってくると。


そう考えると、

西洋占星術で言われている

「風の時代」の幕開けは、

まさに銀河系文明へと転換する時期と

ピタリと符合しているに気づきます。

 

おそらく昨年から今年にかけて、

人それぞれ、大なり小なり

様々な試練を経験されていると思いますが、

 

それによって、

 

「これまでとは何か違う感覚がある」

 

と感じるような出来事があれば、

それも一つの貴重な変化で、

変化の波にうまくのれている証、

と言えるかもしれません。

 

たとえ些細な変化であったとしても、

自分の中に新たな気づきが生まれると、

これまでとは違った視点で、

世界を受け止められるようになるもの。


ご自身や周りを客観的に観察してみることで、

ぜひそうした「変化」を見つけて

楽しんでみてくださいね。


それはそのまま、

「風の時代を生きる」ことへと、

つながっているはずです。

・・・・・・・・・・


いかがでしたか?

「風の時代」と、この時代を

上手に乗りこなしていくコツについては、

続編も予定していますので、お楽しみに!

無料の会員サイト「maforama」では

人生に役立つ情報をたくさん配信しています。

ぜひ、訪れてみてくださいね。

新たな扉が開くかもしれません♪

関連記事