直感を超えた「直知」のための“器”づくりとは?

女性が山から夕日を見ている

 

こんにちは。

essence編集部です。

 

よく「女性の勘は鋭い」と言われていますね。

 

とくにはっきりした根拠があるわけでもないのに、

「なんとなくそう思う」ことがよく当たる。

そんな方も結構多いのではないかと思います。

 

実際、私のまわりにも

びっくりするほど勘が鋭く直感力の優れた女性は多くて、

 

何かあった時に

「なんでわかったの?」と聞くと、

決まって

「なんとなくそう感じたから」

という返答が返ってきます。

 

その度に、

女性の勘はすごい!と感心させられています。

 

さて、この「勘は鋭い」とは

「直感力に優れている」という言葉にも

置き換えられることがありますが、

上には上の世界があるもの。

 

直感力がさらに研ぎ澄まされてくると、

「直知」といわれる世界が待っている、といいます。

 

そこで今回は、

前回「直知」の知られざるパワーについて語ってくださった

内海昭徳さんが、

直知を磨くための第一歩となる、

大事な部分について教えてくださいました。


内海昭徳

株式会社ロンズデーライト代表取締役/neten株式会社客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。

9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。

世界の真相と人間の意識の本質の探求を深める中で、メタ認識次元の叡智を掴み、

科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。

北米への事業の新規展開を担う過程で、2018年サンフランシスコで開催された

wisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。

シリコンバレーを中心に、テクノロジーの進歩と並走できる宇宙の普遍的真理の

社会実装ニーズの高まりを予見し、独立。

コンサルティングや組織研修、講演会、リトリート、ワークショップなど様々に取り組んでいる。

著書『経営者のための悟りリテラシー講座』『タナトスの寂滅』ほか

「直知」を磨くためには、何から始めたらいい?

shutterstock_676492333

以前こちらの記事で「直感と直観の違い」

そして、「直知」についてご紹介させていただきました。

https://essence.datumhouse.jp/difference-between-intuition-and-instinct

 

「思考の向こう」にあるこれらの働きは

人生のいろんな場面において、

より良い選択と意思決定をする上で、

大切な働きをしてくれるものだと思います。

 

ならば、ということで

ぜひ「直知力」を磨き、高めたいと

思われている方も多いのではないでしょうか?

 

とはいえ、いざ直知力を磨こう!思っても、

どこから始めたらいいのかわからない...

という方もいらっしゃいますよね。

 

今日はそんな方々に向けて、

直知力を高めるための最初の一歩、

土台となる部分のお話として

 

「体を整える」

「健康を大切にする」

 

ということの重要性に触れてみたいと思います。

「冷えないカラダづくり」は、健康への第一歩

shutterstock_284487077

健全な精神は健全な肉体に宿る、

という言葉もあるように

 

心と体は繋がっており、

切っても切り離せない関係にありますので

どちらも合わせて整え、向上させるのが大切ですね。

 

8月上旬の全国的な猛暑から

台風の連続到来となり、

まだこれからも、残暑や気候の変化などの

影響は、9月中旬〜下旬までしばらく続きそうです。

 

この時期、「夏バテ」や「夏の疲れ」

クーラーによるだるさ等もあり

体調が低空飛行気味、という悩みを

抱えている方もいらっしゃるでしょう。

 

また、暑さと疲労感でやる気が出なかったり

イライラしたり、無気力になったりすると

自分のメンタルが周囲の人々にまで

悪影響を及ぼしかねないので、要注意です。

 

ちなみに私はというと...

クーラーは極力使わない方でして、

温度と体調のバランス、

睡眠、食事、軽い運動を心に留めつつ

暑い日々を乗り切っています。

 

特に女性にとって大事なのは

生活習慣として

「体を冷やさないこと」が大事ですね。

 

暑い時は、

クーラーがきいた冷房の環境に長くいたり

冷たいものばかり飲んだり食べたりしがちですが、

 

「冷えは万病のもと」と言われているように、

体の内も外も、冷えた状態が続くと

いつの間にか健康体だったはずの体も、

不調に傾いてしまいます。

 

夏疲れをつくる元となるばかりでなく、

体が冷えることによって血行不良になり、

めまい、立ちくらみなどの症状にもつながります。

とはいえ、熱中症対策にクーラーは

欠かすことができませんので、

体を冷やさない程度に賢く利用したいもの。

 

また夏バテ予防や夏の疲れをとる上で

効果的な食べ物としては、

有名な土用の鰻をはじめ、

以前こちらでご紹介した「梅」もおすすめです。

梅は万能薬と言われていますが、

それにはちゃんとした理由があるのです。

https://essence.datumhouse.jp/plum-recipe-and-manyoushuu



9月上旬まで、まだまだ残暑で、

暑い日も続きますので、

疲れをとりながらも、しっかりと英気を養いたいもの。

 

ぜひご自身に合う食材を探してみてはいかがでしょうか。

免疫力もアップしてくれる、今注目の「ミトコンドリア」

shutterstock_1783218587

そういえば最近、体がバテる原因として

「ミトコンドリア」の機能低下が考えられる

 

ということを、書籍で目にしました。

 

えっ!?ミトコンドリア?

 

と意外に思われた方も

いらっしゃるかもしれませんが、

 

ミトコンドリアは体内のエネルギー工場

 

とも言われるくらい、

エネルギーや活力を生み出す上で、

重要な役割を果たしてくれているもの。

 

体内のミトコンドリアが増えるほど、

カラダは元気になる、と言われています。

 

そうです。

ミトコンドリアなしには、

私たちの生きるエネルギーは生まれてこないのです。

 

ミトコンドリアの働きの

重要性はこれまでも言われていましたが

最近はさらに研究も進んでおり、

老化に対する体づくりをはじめ

 

昨年来のコロナ禍の中で

重要なトピックである

「免疫」に関連した機能としても

改めて注目されているようですね。

ちなみにミトコンドリアは、

37度近辺で活発になる、と言われています。



ヒトの体温にも、


生きるエネルギーを生み出すことにつながる


大切な意味があるということ。




(*私たちdatum groupでは、

古神道の叡智をベースに、こうした

命の源を見つめる研究をしています。)

 

先ほどの「冷え」のお話にもつながりますが、

体が冷えていると、

ミトコンドリアをうまく働かせることもできなくなってしまうんですね。


このように健康を語る上では、

外せないミトコンドリアの存在。

機会があれば、ぜひまたの機会に

詳しくご紹介できればと思います。


自身の内からエネルギーを生み出し

心身を活性化させて

元気でハツラツとした日々を送ること。

 

これは、「直知を磨く」という点からも非常に重要です。


瞬時に、今自分にとって

本当に大事なことがややるべきことがわかる、


あるいは、

自分にとって必要なメッセージを

いつでも受け取れるような状態にするためには、

「体を整える」ことが、まず大前提だと言えます。


体は「器」に置き換えられることがありますが、

にごりのないクリアな器を作ることによって、

そこに良いインスピレーションが注ぎ込む、

ということが言えるでしょう。


つまり、体=器を整えるということが、

直感の世界を超えた

直知力を高めることに繋がっていくのです。



(*日本古来伝わる「器の教え」にも通じる、

重要なポイントです。)

 

さらに、意識と体もまた繋がっているからこそ、

体をしっかりと整っていくことによって、

自然と「心の安定」にもつながっていきます^^


夏の疲れが一気に出やすいこの時期

だからこそ、改めて体と向き合うチャンス。


暑さの中でつい、だらだらしてしまったり

惰性になりがちな生活習慣を整えて、

自分なりの体の整え方や

暑さへの対処法を見つけて、

ぜひ「直知力の土台」を養っていきましょう。

――――

いかがでしたでしょうか。

 

勘が鋭い、直観力が高い、

と自覚のある女性はきっと多いと思います。

 

そんな方が

「なんとなくこう思う」の当たる確率が70〜80%くらいだとしたら、

直知を磨くことで、

その的中率が限りなく100%に近づく

とイメージしてみるとわかりやすいかもしれません。

 

さらに前回の記事でもご紹介したように、

直知力は「時間を超える」ので、

パッと瞬時に大事なことがわかるのもいいですよね^^

https://essence.datumhouse.jp/difference-between-intuition-and-instinct

 

無料の会員サイト「maforama」では

本記事でもご紹介した古神道の叡智についても

お届けしていますので、

ぜひ訪れてみてください。


さらに深い情報に出会えるかもしれません。

関連記事

    essence友達追加