自分パワースポット化計画は、神道の「中今」に通ず!?《後編》

こんにちは。
essence編集部です。

 

社会の変化がかつてないほどに大きく、

またそれとともに変化のスピードも
日に日に加速している今、

 

うっかりしていると、

「自分はいったい何者なのか」

 

「何のために生きて、

何のために仕事をしているのか」

 

ということが見えなくなって、

あたかも自分の中心軸を失ってしまった

かのような感覚に囚われてしまうことも
あるかもしれません。

 

しかしそんな時こそ、
外側の世界に求めるのではなく、
「自分の内側をしっかり見つめ直す」こと
が大事であると、牧山さんはいいます。

 

さらに今は時代の流れ的にも、

「エネルギーは自分で生み出すこと」

しっくりくるのだそう。

 

今回は前回の記事を踏まえて

 

自分をパワースポットにするという

大胆な計画の全貌とその後の変化について、

教えていただきました。

ーーーーーーー

著者:
牧山香


datum house編集員。
20代の頃からノートに思っていることや、自分のやりたいことをつらつら書き留める習慣をスタート。途中、PCに書き起こす期間を経て、今年から心機一転、再び「紙に書く」を始める。そこから3ヶ月で、これまでにない大きな内的変化を経験する。「自分の中にすべての答えとギフトがある」と確信。人生の新たなライフステージに向かって、直感と好奇心をたよりに全力投球の日々。情熱の対象は言語と世界の音楽の探求、そして食べること。

エネルギーは、外から「もらう」から自ら「生み出す」時代へ

Peace of Mind wooden sign with beach background

パワースポットというと、「パワースポットめぐり」に代表されるように、神社をはじめ清々しい満ち溢れた場所を訪れることによって、そこに流れる良い気やエネルギーをいただき、運気を上げたり、幸運を呼び込みたいと願う方も多いのではないかと思います。

長野県の分杭峠は一時期「ゼロ磁場」として話題になりましたし、そのほかにも関東、関西、九州と、全国各地に神社、そして山や滝などのパワースポットエリアがあります。

 

この他にも自分とご縁のある、相性の良いパワースポットはどこ?といった、解説記事もありますよね。

もちろん、そのような自分とご縁のある神社に参拝にいったり、エネルギーの高い場に訪れることにも意味があるので、それはそれで大事なことだと思います。

essence

 

しかし、その目的を「良い気やエネルギーをもらうこと」ばかりにフォーカスしてしまうと、本当に大切なことや本質から、どこかズレた方向にいってしまうのではないかと思うのです。これは自分の経験からも言えることです(反省...)。

 

さらに、パワースポット巡りを「気のいい場所に行く」ことと捉えてしまうところにもちょっとしたカラクリがあることに、ぜひ気づいて欲しいと思います。

 

なぜなら、自分自身のこの体も「量子場」という一つの場であり、整えれば整えるほど、無限の可能性が開かれていくのです。これこそまさに、本物のパワースポット!

 

しかし、多くの人は長年の思い込みや教育によって、とても自分をパワースポットだとは思えない、気づけないような状態になっています。本当はものすごい可能性を秘めているはずなのに。この体にこそ、本来はパワーやエネルギーが充ち満ちるはずなのに。

 

その本質を知らずして「自分はできない」と思い込んでしまうと、「自分以外の存在からエネルギーをもらう」というあり方がデフォルトの、どこか依存的な態度になってしまう可能性があるわけです。

 

「自分はできない」。「力がない存在だ」。それほど怖い言葉はありません。

言い換えればそれは、「自分は他からエネルギーをもらわなければ、(奪わなければ)やっていけない、自分には力がない存在である。自分はダメな存在だ」と、無意識のレベルで自己暗示をかけてしまうことにも繋がるからです。

 

ただ、個人的には、これはこれまでの古い価値観の中での考え方であって、これからは「エネルギーを自らが生み出せる存在であることを自覚して、与える存在になっていく」という意識になることが時代の流れや価値観ともシンクロするし、その方がむしろしっくりくる感覚があります。

そしてこれは、いつも「できるだけ良い気分でいる」、「心穏やかに過ごす」、「明るく笑顔で過ごす」という心の状態を選択する、ということでもあります。

 

風の時代は、「自分軸で生きることが大事」と言われていますね。

 

これから一人ひとりが自分らしく輝き、そうしたエネルギーの高い個の集まりがお互いに響き合うことによって新たなしくみやワクワクするような創造が生まれていく未来を想像すると、自分を大切にして個々のエネルギーを高めることにフォーカスすることが、まず大事になってくるのではないでしょうか。

 

つまり、それは「自分自身がパワースポットになること」(自分を神の社=神社にすること)に他なりません。そしてそれこそ最強、いや、超最強な人生を生きるということなのです。

 

これまでは神社や気の巡りの良い場所などパワースポットに訪れたり、自分の部屋をパワースポットにするといい、と言われてきましたが、時代は次の段階に入っていると思います。

大きな変化の流れがきていると感じたら、「良い流れにのる」ことは大前提としてとても大事なことです。

しかし風の時代は、自分のエネルギーを高めていくことで、自分で良い流れの源となる、変化の良い渦を自らがつくり出せる状態になることが大事になってくるだろうと、感じています。そしてそのためには、「自分もパワースポットになれる」と決め、そういう意識状態を継続することが、重要なポイントになってきます。

 

ただ、「自分をパワースポットにするなんて、大それているし難しそう...。自分にはできない、縁がないんじゃないか」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし!実際の原理原則は実はものすごくシンプルで、誰にでも実践できるものです。

 

前に触れたように、断捨離をしたり、自分の体を整えることによって一歩ずつ確実に、その状態に近づいていくことができるからです。しかもそれは特別な能力や才能を持った人だけに与えられるわけではなく、自分を取り巻く環境や身の回りを少しずつ、日々できる範囲で整えていくことによって、誰しもが必ず可能になります。

「自分がパワースポットになる」は最強!引き寄せや運気アップが一気に加速!

ladybug-g6854f0a9b_1920

さて少し脱線してしまいましたが、話をもとに戻しましょう。

 

「自分パワースポット化計画」を考えている中で、(すでに一部進行中ですが)私がこれから年末にかけて実行しようと思っていること。それは「身につけるものを変える」ということです。

 

「自分の体を整えて前よりも良い状態になった、エネルギーがクリーンでクリアな状態に近づいたら、次のステップでは身につけるものや持ち物を変えてみよう。そうすればまた一段エネルギーがアップするかもしれない」と考えたからです。

 

私は良いアイデアが浮かんだらすぐにでも実行したくなるタイプなので、思い立ったその日から自分が身につけるもの、具体的には肌に直接触れる下着や靴下、洋服、メイクやアクセサリー、さらには自分と長い時間をともにするバッグやお財布など、考えつく限りのアイテムを、できる範囲で、少しずつ新調していくことを決意しました。

 

この時の基準は、断捨離が「今自分にとって必要ないもの」だとしたら、「今この瞬間、心がワクワクしたり気分がアガるもの」、それからエネルギーが高そう!だと純粋に感じるもの、運気がアップしそうなカラーやデザインを選ぶということ。

この時、心が素直に向く方に従う、スッとのってみるのが超ポイントです。

なぜなら、物事が動く時、思考が現実化する時は、「軽さ」がポイントだから。

 

少し脱線しますが、物事が現実化するプロセスも、言霊「す」(ス)の世界に極意があるからです。

「す」は、素直や、素の魅力の「す」であり、スサノオの「ス」であり、天皇(すめらみこと)の「す」であり、スーッと気が通るの「ス」であります。

 

つまりこの言葉には混じり気がなく、ありのままで、余計な作為がない自然の状態が包括しています。

 

具体的には、これまで何となく買っていた靴下を肌になじむ上質な素材のものに変えたり、化粧品も自分に本当に合うものを吟味して選んでいくことにしました。

 

話を元に戻しましょう。

そのことに気づいた時、私はすぐに靴下や化粧品は体に直接触れるもの、体に最も近いものなので、まずはここからと思い立ち、早速変えることを始めてみたのです。

 

するとどうでしょう。スタートしたばかりにも関わらず、すでに嬉しい効果、ラッキーな出来事がどんどん起こり始めるようになりました!これがもう本当に、びっくりするほどに!!

それとともに、自分にとって最適な流れができつつある、ということも実感しています。

 

また、目には見えないものの、身につけるもの、持ち物が放つ周波数やエネルギーと自分自身が同調していく感覚もあります。

 

ちなみにエネルギーに関しては、「エネルギーは高いところから低いところに流れる」、「人は環境や場のエネルギーに同調していく」という法則があるので、そういうことを無意識に実践しようとしていたのかもしれません。

 

Happy children silhouettes on summer meadow running and jumping-1

これまでの私は、たとえば叶えたいこと、実現したいことがあった時、まわりや外の世界ばかりに目が向いていました。また少しでも楽をしたい、手っ取り早く結果を出したいという思いから、「〇〇をしたら、最短最速で結果が出る!」というような、ノウハウものに飛びついた時期もあります。

 

そうやって無意識に外の世界にばかり目が向いていた結果、本当は一番取り組むべき問題から逃げていたのかもしれない...。今よりよくなりたい、現実を変えたいと思って色々と試してきたけれど、それら殆どが「外から何らかのエネルギーをもらう」ことばかりで、自分を大切にしたり、自らでエネルギーを満たそうという視点では行動ができていなかったということに、やっと気づくことができました。

 

そういう大事なことに気づく意味でも、

 

1.断捨離で、住まいや空間を整える

2.自分の体を整える(食べ物をよいものに変え、運動やエクササイズを習慣にする。スッと顕在意識のレベルで動ける自分になる)

3 .身につけるもの、持ち物を変える

 

という3つのステップはとても重要で、一見地味に思えるかもしれませんが、これまでの流れ(現実)を根本的に、確実に変えていく力があると実感しています。

 

世界中が大きな変化の時を迎えている中で、先のことに不安を感じたり、急速な変化のスピードについていけず「今、具体的に何をしたらいいのかわからない…」と、目先の行動さえおぼつかないということもあるでしょう。

 

でも、そんな時こそまずはぜひ、「自分を整えること」に集中してみてほしいと思います。

そして「自分パワースポット化計画」と題して、エネルギーを外からいただくばかりでなく、自らもエネルギーを生み出せるような、究極に整った状態を目指してみてはいかがでしょうか。

その状態に近づくほどに、まるで「自家発電」のようにエネルギーを自ら生み出すことができるようなるだけでなく、それによって周りの人たちにも「与える」ことができるようになります。

それによって、びっくりするような引き寄せや嬉しい出来事が連鎖して起こるようになるため、全てが「ありがたい」という気持ちになり、幸運のスパイラルがダイナミックに回り始めるようになります。

まさに、「開運は自分から」なのです!

最強のパワースポットは、実は自分自身なのです!

 

ぜひ、これまでご紹介させていただいた1〜3のステップを参考にしていただき、今日からでも、

できることから実践されてみてください。

 

ーーーーー

 

いかがでしたでしょうか。

 

最初に記事を読んだ時、

 

「自分パワースポット計画とは、
なんて大胆な!」

 

と、びっくりしたのですが、

 

よくよく考えてみたら、
これは激しい変化を生き抜く上で必須で

あり、本当に身につけることができたら
最強の生き方になるのかもしれない!

と、深く納得してしまいました。

 

そう考えると、
essenceで毎回お届けしている記事は、

 

内海さんには古神道、そして哲学の観点

から瞑想やより良く生きるための本質的

な情報を、

 

桐村先生には医学の専門知識の観点から

本物の健康情報や肌の知識を、

 

金子香織さんには、骨格レベルから体の

構造としくみについての情報を、

 

佐藤三知代さんにはアロマや暦の情報と、

 

それぞれ自分自身を深いレベルで整えて

いく方法を教えていただいており、

 

これらの情報全てが、

一人ひとりのエネルギーを高めていくこと、

すなわち「自分パワースポット計画」に

繋がっているということに気づきました。

 

そういう意味では、日々触れる情報も

まさに「エネルギーそのもの」です。

 

ぜひこの機会にご自身を振り返ってみて、

多くの時間を過ごす空間を整えることは

もちろん、体を整えたり身につけるもの

をアップデートするなどして、

 

思いつくことから小さな工夫を積み重ね

ていってみていただけたらと思います。

 

***

無料の会員サイト「maforama」へのご登録は下記をクリック。

https://datumhouse.jp/signup

 

さらに深い情報に出会えるかもしれません
関連記事はこちらをチェック↓

 

関連記事

    essence友達追加