ギャラリーふとまにの里 卯月編

ぶどうの実

 

こんにちは。

essence編集部です。

「ギャラリーふとまにの里」では

山梨県甲府市にある「ふとまにの里」の

四季折々の美しい風景をお届けしていきます。




4月は旧暦で卯月(うづき)と言い

この時期になると新緑が眩しく、

色とりどりの花が咲き始めます。

 

一年で一番「いのち」が躍動する春の風景をお楽しみください。

 

 

子どもたちと一緒に

ズッキーニとにんじんの種を植えました。

 

 

にんじんの種は小さい。

どこに植えたか?わかるかな?




 

こちらはズッキーニを植えたポッド。

大きくなあれ!

 

 

にんじんは、10日ほどで芽が出てきました。

 

にんじんは発芽率が悪い野菜ですが、

無事に発芽して一安心。

 

発芽した苗を畑に定植しました。

 

定植後はスクスク成長。。。



 

ズッキーニも順調に育っています。



 

チャイルドアーツアカデミー での一コマ。

 

原木椎茸も収穫出来ました!



 

ふとまにの里に彩りが戻ってきました。

 




 

3月に植えたじゃがいもが

スクスク大きくなってきました。



 

 

ぶどうの実がなってきました。

上が甲州(白ワイン用)

下がベリーA(赤ワイン用)

 

豆粒みたいでかわいいですね。

 



 

 



 

こちらはイセヒカリの種まきです。

昨年収穫したイセヒカリの種籾を

芽出しして、種まきをしました。

 

 

10日余り経つと、だいぶ苗も育ってきました。

まだまだヒョロっとしてますが、順調に育っています。

 

 

新緑と富士山が清々しいです。

 

 

風が吹くと風鈴がチリンチリンとなり、風が心地よいです。。



 

4月下旬になると、ふとまにの里に色とりどりの花しょうぶやあやめが一斉に咲き出し、

里全体がフラワーパークのような彩りある空間になりました。

 







天まで届けと鯉のぼり!

5月5日の子どもの日には、子どもたちの成長を予祝しました。

 




 

ふとまにの里の真菰(まこも)と蓬(よもぎ)

 

この時期の真菰(まこも)と蓬(よもぎ)は青々として、
生命力を感じさせます。

 

真菰(まこも)と蓬(よもぎ)は、お茶が一般的ですが

お風呂や食用にも活用出来、神事の道具やしめ縄、ござなど、

神聖な薬草としても活用されています。



ちなみに、この真菰(まこも)と蓬(よもぎ)は、

ふとまにの住処1dayキャンプでお土産として

参加者のみなさまにお配りしました。




 

この時期は、季節の移り変わりが早く、

すぐ次の時代がやってきます。

 

次回は、皐月(さつき)ならではの季節感を

写真を通じてお届け出来ればと思います!

 

では、またお会いしましょう!





子どもたちのための最適な未来を創造する

Child Arts Academy(CAA)はこちら

関連記事